学校保健師の基礎知識いついて

学校保健師の仕事を覗いてみよう!

保健師求人-学校の保健師として働く-

保健師が活躍できる職場はたくさんあります。どの職場を選択するかによって仕事の内容も変わってくるわけですが、学校の保健師を目指しているという人も多いようです。大学の他、専門学校に通う生徒や教職員を対象とし、健康管理を行うのが主な仕事内容です。

小学校・中学校・高等学校の養護教諭になりたいと思っているのであれば、教職の免許が必要となるため、こちらも取得する必要があります。保健師の資格を既に持っているという場合は、文科省が指定している単位を指定することで教職の免許を取得することができます。

また、公立学校で働く場合は、公務員として働くことになりますよね。そのため、一般教養の他、面接試験も受け、それをクリアしなければなりません。

まずは自分がどういった場所で保健師として活躍したいのかを考えてみてはどうでしょうか。これまで保健師として働いてきた経験が長い人でも、学校の保健師として働く場合には少し違った知識が必要になります。

やはり、高齢者との接し方と、学生のような若い人との接し方は異なりますよね。学校に通っている生徒の中にはメンタル面で問題を抱えている生徒もいるわけなので、様々な点を考慮して接していく必要もあります。

それと、たくさんの保健師がいる施設とは異なり、学校の保健師は基本的にひとりです。他の職場であれば、協力したり相談しながら判断できることも学校の場合はひとりでやらなければならないわけなので、ある程度の経験を積んでいる保健師が求められています。

ひとりで忙しく動かなければならない場合も多いので、計画性をもって時間を効率よく使うことができる人のほうが働きやすい職場だと言えるでしょう。

ただ、経験豊富な保健師だからと言って必ずしも学校で働くことができるとは限りません。今は少子化の問題もあり、学校が統合されることも増えてきましたよね。それに伴い、学校で求められる保健師の数も減っているので、求人情報を頻繁にチェックしておいたほうがいいでしょう。

保健師の仕事で地方公務員として働く

保健師の職場は様々ですが、行政保健師になることができれば地方公務員という扱いになります。例えば、保健所や保健センターで働く場合は行政保健師という扱いになりますね。行政保健師として働く場合、大きくわけると2つの働き方が挙げられます。

1つめが、都道府県の保健師として働くものです。医療システムの整備だけでなく、様々な保険サービスや危機管理に関する仕事も担当することになるので、様々な知識も求められる職場です。

2つめは市町村が設置している保険センターなどで働くものなのですが、こちらは都道府県という大きな範囲ではなく市町村という小さな範囲を対象としていることもあり、地域密着型の仕事になる可能性が高いです。ひとりひとりの話をよく聞いて人々に頼られる保健師になりたいと思っている人に向いていますね。

健康相談や健診を行うのが主な仕事内容となります。公務員という働き方は、とても人気が高いのですが、その理由として挙げられるのが安定性の問題です。公務員は非常に安定性が高い仕事として紹介されることが多いですが、これは保健師の場合も同じです。

また、様々な保健師の職場の中でも比較的高給与も期待することができるので、しっかり稼げて安定している仕事を探しているという人からも公務員という形が選択されるようですね。

ただ、採用されるためには公務員試験を受けなければなりません。どの地域の公務員試験を受けるかによって日程なども違ってくるので、事前に確認しておきましょう。

求人が出る時期にチェックするのを見逃してしまったということになると大変なので、転職支援サイトを活用してみてはどうでしょうか。自分一人で様々な情報を集めるのはとても大変なことですが、転職支援サイトを活用すれば地方公務員の募集情報についてチェックしやすくなります。

また、前もって求人が始まる時期について確認できる可能性も高いので、早めに転職支援サイトの登録を済ませておくのがおすすめです。

copyright 2014 保健師求人-学校の保健師として働く- All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。